日経平均2万円突破とセミリタイア資金

シェアする

スポンサーリンク
日経平均株価2万円突破

昨日(2017.6.2)の日経平均株価の終値が2万円を突破して20,177.28円となった。

参照日経平均株価(Yahoo!ファイナンス)

TOPIXの終値は1,600ポイントを突破して、1,612.20だった。

参照TOPIX(Yahoo!ファイナンス)

「日経平均株価2万円突破記念」ということで、現時点(2017.6.3)でわたしの純金融資産(つまりセミリタイア資金)がどれほど増えているのか、調べてみた。

スポンサーリンク

対前年末比

前年末(2016年末)時点と比べてみたら、3.2%の増加だった。

金融資産のほとんどを株につぎ込んでいれば、もっと増えたはずだ。

無リスク資産(現預金、日本国債)とリスク資産(株、投資信託、外国債券)の比率は約6:4だ。

「あー、もっと株につぎ込んでおけばよかった」

と後悔しているかといえば、それはあまりない。

これ以上セミリタイア資金を株につぎ込んでしまうと精神的な「リスク許容度」を超えそうだから。

対退職年末比

次に、退職した年(2011年)の年末時点の純金融資産残高と比べてみた。

19.5%の増加だった。

年利回り換算で3.3%だ。

つまり、退職後に年3.3%(複利)で純金融資産が増えていることになる。

会社を退職したときは「貯金をチビチビ取り崩しながら生活する」という覚悟もあった。

小説『れんげ荘』の主人公のような生き方だ。

45歳で早期退職して月10万円ずつ貯金を取り崩して生きる『れんげ荘』
まさに自分が今やっているようなことを題材にした小説があったので読んでみた。

退職した2011年当時は、東日本大震災と株価の低迷で「株で資産を殖やす」なんて、まったく期待できなかった。

今から考えれば、経済的にどん底で先が見えない時期に早期退職した。

※※

退職から5年ほどしか経過していないのに、経済的には一変した。

会社を辞める前の予想に反して、セミリタイア資金は右肩上がりで増えている

本当に、未来の予測は難しい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS