「友達・お金・夢・個性・自己主張」がなくても幸せになるには

シェアする

スポンサーリンク
clover

人間の「運」とは何か?

どうすれば「幸運」といえる状態になるのか?

「運」について興味があったので『ゲッターズ飯田の運の鍛え方』(ゲッターズ飯田(著),朝日新聞出版,2015)を読んでみた。

占い師が書いた本なので「占いの本」かと思っていた。

が、「まっとうな生き方をすれば運は良くなる」と説く、けっこう実利的な本だ。

たとえ「友達・お金・夢・個性・自己主張」を持っていなくても大丈夫。

スポンサーリンク

幸せの「常識」を違え

「運がいい」「幸運」というのは一般的には「幸せ」が続くことだ。

しかし、本書では次のように「幸せ」の常識を疑えという。

  • 友達は大切?
  • お金があれば幸せ?
  • 夢を持たなきゃいけない?
  • 個性がないとダメ?
  • 自己主張しないと生き残れない?

友達、お金、夢などを「持っていれば幸せになれる」と思っているが、本当に幸せになれるのか?

逆に、友達ナシ、金ナシ、夢ナシなら不幸なのか?

幸せの常識を疑え。

結論は、友達・お金・夢・個性・自己主張、、、持ってなくても大丈夫。

持たなくても生きられる

例えば「個性がない」と悩んでいる人に、著者はこう答える。

個性がなくても、「役割」があればいい。

それをコツコツと続けていればいいのです。

p.21

友人・お金・夢などステレオタイプな「幸福」を追い求めて疲れている人は(占いを信じていなくても)一読の価値がある。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS