Microsoft Flowで「セミリタイア情報収集システム」を開発して遊ぶ

シェアする

スポンサーリンク
フローチャート

ネット上で「Microsoft Flow」というシステム開発ツールを見つけた。

マイクロソフトが用意する「処理」を組み合わせてちょっとした「コンピュータシステム」を作ることができる。

プログラミングの知識やシステム開発のスキルは不要だ(あったほうが望ましいけど)。

ちょっと「Microsoft Flow」で遊んでみた。

スポンサーリンク

セミリタイア情報収集システム

試しに、「セミリタイア情報収集システム」を作ってみた。

システムの概要は次のとおり。

  • twitterで「セミリタイア」というキーワードが含まれるツイートが投稿される
  • システムが該当するツイートを収集する
  • 収集したツイートを、OneDriveにあるExcelファイルに記録する

図示するとこうなる。

MS Flow #1

ExcelファイルはOneDriveに保存してあり、「テーブル1」という名のテーブルを作成してある。

もしExcelを持っていない場合、ツイートの記録先を「Googleスプレッドシート」にすることもできる。

たったこれだけの処理だが、立派なコンピュータシステムだ(自称)。

上記の処理の流れを「ワークフロー」と言う。

「Microsoft Flow」は、本来は会社などの組織の業務を自動化するために使うようだけど、退職者がセミリタイア情報の収集するときにも使える(笑)。

フローを実行させてみた

早速、作ったフローを実行させてみた。

下図のように、Excelファイルに「セミリタイア」という言葉が含まれているツイートがどんどん書き込まれていく。

MS Flow #2

これで効率的にセミリタイア情報を収集できそうだ。

たぶん。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS