セミリタイア家計管理システム Ver. 2.0

シェアする

スポンサーリンク
money

以前の記事で、セミリタイア生活のキャッシュフローを支える「家計管理システム」を紹介した。

これが自動的に貯金できる「家計管理システム」だ
以前に書いた記事「家計を「システム化」してお金のストレスから解放される」で紹介した書籍(林總『正しい家計管理』(WAVE出版 2014))を...

もう3年ほど前だ。

システムの内容がかなり変わったので「Ver. 2.0」として再度紹介したい。

スポンサーリンク

概要図

家計管理システムの概要は下図の通りだ。

家計管理システム Ver. 2.0

使用している口座(銀行口座、証券口座)は次の4種類だ。

  • 事業用口座
  • 老後口座
  • 経費口座
  • 投資口座

各口座について説明する。

事業用口座

個人事業の収入は、原則として「事業用口座」に入金される。

この口座は「収入専用口座」だ。

収入オンリーなので、クレジットカードの引き落としや銀行口座の引き落とし(口座振替)には使用しない。

もちろん、ATMからの現金の引き出しもしない。

出金は他の3口座(老後口座、経費口座、投資口座)への振替のみ可能だ。

老後口座

老後資金用の口座だ。

現在は「確定拠出年金(401k)」「小規模企業共済」「国民年金保険料の支払い」「国民年金基金」の引き落とし口座として使用している。

老後資金はすべてこの口座を経由して蓄積される。

経費口座

日々の生活費個人事業の経費の支払いはこの口座を使っている。

要するに「クレジットカードの引き落とし口座」だ。

現金が必要な場合、この口座からのみ引き出している。

他口座からの現金の引き出しは不可というルールにしている。

投資口座

証券口座だ。

証券会社は「SBI証券」。

株、投資信託、債券の売買を行う。

定期預金

概要図には書いていないが定期預金の口座もある。

将来の生活費や投資のための予備資金を置いている。

株価が大暴落したら「予備兵力」として出動する。

共有

現在の「家計管理システム」は以上のとおりだ。

概要図は「Googleスライド」で作成したので共有しておく。

ご興味があれば閲覧、ダウンロードしてください。

参照家計管理システム Ver. 2.0

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS