米国株が1,100ドル超の大暴落で「お年玉」が消えた

シェアする

スポンサーリンク
stock exchange

日米の株価が暴落の連鎖。

2018年2月5日のニューヨーク・ダウが前日比▲1,175.21ドルの大暴落だった(終値は24,355.75ドル)。

同日の日経平均株価も前日比で▲592.45円の大暴落(終値は22,682.08)。

参照【米国株・国債・商品】株大幅続落、主要指数は年初来の上げを消す – Bloomberg

2018年の株式投資はいい滑り出しだった。

正月にはこんな記事を書いていた。

セミリタイア史上最大のお年玉
2018年は新春から株高ラッシュだった。 大発会(1月4日)の日経平均株価は23,506.33(前年末比+741.39)だった。

年明けから株価が好調だったので「想定外のお年玉」をもらったような気分になっていたので。

今回の大暴落後、ポートフォリオを緊急点検してみると、2018年2月6日現在の純金融資産は昨年度末(2017年12月末)の額を少し超えた程度まで減っていた。

「お年玉」が消えた。

もっと株価が下がったら……買い増す。

株で大損して絶望している時に読む記事
2016年は年明けから株価が下がり続けている。 為替も1ドル110円台に突入して、円高ドル安だ。 参照:ロンドン外為:円上昇、朝...

下げ幅とは – 新語時事用語辞典 Weblio辞書

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS