職場で配る「義務チョコ」は経費で落とせるか?

シェアする

スポンサーリンク
love & chocolate

バレンタインデー近辺で配るチョコレートを経費で落とせるか?

という疑問を持ったので、ネットで調べてこんなツイートをした。

結論は、経費で落とそうと思えばできるようだ。

参照「義理チョコ」を経費にしたい! フリーランスや会社員で認められるための条件とは? – 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 – 税理士ドットコム

スポンサーリンク

個人事業主は「交際費」で処理

バレンタインのチョコレート代を経費で処理する場合、「仕事で必要な出費かどうか」が問題となる。

仕事関係者に「営業目的」でチョコレートを配る場合、支出は「必要経費」となるようだ。

「所得税法では、収入金額の獲得のために投下された費用については、「必要経費」として所得計算において控除することが出来ます。「必要経費」とは、業務関連性が認められ、家事費(プライベートな支出)と区別されている費用のことです。

出典「義理チョコ」を経費にしたい! フリーランスや会社員で認められるための条件とは? – 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 – 税理士ドットコム

個人事業主の場合、費目は「交際費」とするのが一般的らしい。

例えば、営業目的で配るチョコレートの費用3,000円を、個人用のクレジットカードで支払った場合、仕訳はこうなる。

(借方)交際費 3,000 (貸方)事業主借 3,000

チョコレートを買ったら、領収書(またはレシート)はしっかりともらうべし。

義務チョコ

先日、FMラジオを聴いていたら、女性DJが「義理チョコ」のことを「義務チョコ」と呼んでいた。

「うまくやっていくためには(義務チョコを配るのは)避けて通れない」と言っていた。

参照WEEKEND PLUS(6時台) | FM802 | 2018/02/11/日 06:00-07:00 (radikoタイムフリー)

「(仕事で)うまくやるため」つまり「営業」のために仕方なく(義務で)チョコレートを買うのだから、「義務チョコ」は「経費」となるだろう。

神戸ショコラ

ちなみに、わたしが好きなチョコレートは「神戸ショコラ」だ。

「神戸ショコラ」に夢中
「神戸ショコラ」が美味なので最近よく買っている。 「神戸ショコラ」とはチョコレートだ。 見た目はふつうの個装されたチョコレートだ...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS