【朗報】マイナンバーカードとICカードリーダライタがなくてもe-Taxで確定申告できる

シェアする

スポンサーリンク
確定申告

確定申告でe-Taxを使いたいけど、「マイナンバーカード」や「ICカードリーダライタ」を用意するのが面倒という人に朗報だ\(^O^)/。

平成31(2019)年1月から「e-Tax利用の簡便化」が始まる。

期間限定ながら、e-Taxで確定申告するときに「マイナンバーカード」や「ICカードリーダライタ」が不要になるのだ。

▼参照動画:「e-Tax利用の簡便化」(YouTube, 国税庁動画チャンネル)

スポンサーリンク

e-Taxの簡便化とは

上記の国税庁の動画によると、2019年1月からe-Taxは次の3方式になる。

  1. 現行方式
  2. マイナンバーカード方式
  3. ID・パスワード方式

現行方式」とは従来のe-Taxの方式だ。

マイナンバーカード方式」とは、マイナンバーを利用することで、「従来方式」で提出が必要な「電子申告・納税等開始届出書」が提出不要となったり、「ID・パスワード」が不要(マイナンバーのパスワードで代用)となったりする。

ただし、「マイナンバーカード」を取得したり「ICカードリーダライタ」の購入が必要となったりするので、面倒でカネがかかる。

しかし、3つめの「ID・パスワード方式」は、e-Taxの利用に「マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」が不要な方式だ。

ID・パスワード方式

「ID・パスワード方式」では、「マイナンバーカード」と「ICリーダライタ」を使わずに、自宅からe-Taxで確定申告書を送信できる。

「ID・パスワード方式」を利用するには「税務署で本人確認」が必要となる(なりすまし対策のため)。

税務署で本人確認書類(運転免許証など)を提示してe-Taxの「ID・パスワード」を取得する。

確定申告は国税庁のサイト「確定申告書作成コーナー」で作成して、税務署で受け取った「ID・パスワード」を使用してe-Taxで送信する。

「マイナンバーカード」と「ICリーダライタ」を持ってなくてもe-Taxで確定申告できる。

3年間の暫定措置

ただし、「ID・パスワード方式」はおおむね3年間の暫定的対応だ。

将来的には廃止されて「マイナンバーカード方式」となるのだろう。

しかし、「ID・パスワード方式」を利用すれば、2019年からおおむね3年間は「マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」がなくてもe-Taxで確定申告が可能だ。

参照【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています|e-Tax(国税庁)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS