「40代でセミリタイアする」前に他人に相談すべきか

シェアする

スポンサーリンク
セミリタイアの相談

「会社を辞めたい」で成功する人ダメな人(2019.3.4 プレジデントオンライン)

という記事を読んだ。

特に理由もなく「会社に行きたくない」という気持ちが10日~2週間程度続くなら「うつ病」の疑いもあるとのこと。

もし、「うつ病かも」と思ったらメンタルヘルス系の病院に行くべきだろう。

では「会社を早期退職してセミリタイアしたい!」という気持ちが何日も続いたらうつ病のように他人に相談すべきか。

いや、できない。

セミリタイアすることを「リアルの世界の他人」に相談するのは難しい。

スポンサーリンク

セミリタイアは独断で決定

わたしの場合、40代でセミリタイアすることは「独断」で決めた。

「実は、貯金がこれだけあって死ぬまで生活に困らないから40代で会社を辞めて家でのんびりしようと思うんでうけど(笑)」

なんてこと、他人に言えなかった。

もちろん、独断で決めたら案の定猛反対された(笑)。

40歳を過ぎて「会社を辞めてセミリタイアする」と宣言したら猛反対された
会社を辞めたのは40代前半だった。 退職を心の中で決めて、周囲の人たちに「退職宣言」したら猛反対された。 やっぱり。 早期退職...

相談するかわりにセミリタイアブログ乱読

セミリタイアを決める前は、リアルの世界の他人に相談はできなかった。

なので、「セミリタイアブログ」を読みまくった。

参照セミリタイア生活 人気ブログランキングとブログ検索(にほんブログ村)

特に、低コストで生活している人のブログは参考になった。

自分にもできそうだったから。

とはいえ、「山小屋を自作して月3万円で生活」みたいな「超低コスト生活」は無理だけど。

セミリタイアの成功は貯金がいくらあるかより、いかに支出をコントロールできるかにかかっている。

当ブログもセミリタイア希望者の参考になればいいが。

PS. セミリタイアは当初は猛反対されたが、退職して数年経過して「セミリタイアの既成事実」を積み重ねてきた今は「公認」されている。

セミリタイアを家族・親戚・近所に「公認」されると非常にラクだ
セミリタイア生活を周囲の人たちに公認してもらうと精神的にラクだ。 約7年前、2011年に40代前半で会社を退職した頃は、セミリタイアし...
40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた
(2017-04-22)
売り上げランキング: 14,451
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS