平日のセミリタイア小旅行(京都御苑の梅)

シェアする

スポンサーリンク
京都御苑の梅

セミリタイア中の平日に小旅行するシリーズ。

今回は京都御苑に梅を見に行ってきた。

行った時期は2019年3月下旬だ。

もう桜が咲く頃なので、「梅はまだ咲いてるかな」と心配だった。

が、咲いていたのでホッとした。

歩いた経路はだいたい次のとおり。

スポンサーリンク

梅は南西エリアに咲いている

京都御苑は地下鉄の丸太町駅1番出口からすぐの場所にある。

梅は南西エリアにあるので、駅からすぐだ。

さっそく、梅を見て回った。
京都御苑の梅1

京都御苑の梅2

京都御苑の梅3

桃の花も咲いていた。

京都御苑の桃

暖かかったし、来てよかった。

蛤御門の銃撃の跡

梅の次は、蛤御門を見た。

幕末(1864年7月)に長州藩と会津藩・桑名藩・薩摩藩の連合軍が激突した「蛤御門の変」で有名だ。

蛤御門

柱に銃弾が当たったあとが残っていて、幕末の激動を感じた。

蛤御門の銃撃のあと

ついこの前、京都のど真ん中でドンパチやってたんですね。

京都御所特別公開

わたしが京都御苑に行ったときは、天皇陛下御即位30年記念の京都御所特別公開の開催中だった。

なので、京都御所も拝見させていただいた(特別公開は平成31(2019)年3月21日まで)。

御所の中に入るには、皇宮警察の手荷物検査を受けないといけない。

京都御所前の手荷物検査

紫宸殿をはじめ、貴重な建造物・美術工芸品を見せていただいた。

紫宸殿

御所内の写真は紫宸殿だけにしておく。

ご興味がある方は、機会があればぜひ自分の目で見てほしい。

参照御苑案内図(環境省)

※2019.10.9追記:「蛤御門の変」の発生年月を1863年8月としていましたが1864年7月の誤りでした(1863年8月に発生したのは「八月十八日の政変」)。お詫びして訂正します。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS