イオンオーナーズカードを提示しても他社クレカ払いだとキャッシュバック対象外

シェアする

スポンサーリンク
cashback

数ヶ月前にイオン(8267)の株主になったので株主優待として先日「イオンオーナーズカード」が送られてきた。

イオンオーナーズカードの特典は3つある。

  1. キャッシュバック……保有株数に応じて半年あたり最高100万円の買い物に対して3%以上のキャッシュバックがある
  2. 割引とキャッシュバック……毎月20日・30日は5%割引と上記のキャッシュバックがある
  3. 会計時割引・優待料金……対象のレストラン・映画館などで割引があったり、優待料金だったり

わたしがイオンオーナーズカードを使いたい主目的は「1」の「キャッシュバック」だ。

スポンサーリンク

キャッシュバック

イオンで買い物するときにイオンオーナーズカードを提示すると、キャッシュバックがある。

還元率は保有株数で決まる。

  • 100株~499株……3%
  • 500株~999株……4%
  • 1,000株~2,999株……5%
  • 3,000株以上……7%

わたしは今のところ3%がキャッシュバックされる。

買い物で使った全額がキャッシュバックされるわけではなく、上限は半年で100万円だ。

キャッシュバックのタイミング

キャッシュバックの時期は4月・10月の2回だ。

利用期間が3月1日~8月末の買い物のキャッシュバックは10月、9月1日~2月末の買い物のキャッシュバックは4月だ。

なので、もし8月にカードが送られてきて使ったら、2ヶ月程度で返金してもらえる。

ただし、現金が送られてきたり銀行振込されるわけではない。

「返金引換証」が送られてきて、キャッシュバックを扱っている店舗に持ち込んで現金と交換するようだ。

キャッシュバックのために株主に店舗に行かせるのは一種の「ハードル」なのかな、と勘ぐる(笑)。

他社クレカ払いはキャッシュバック対象外

注意が必要なのはキャッシュバック対象となる支払方法だ。

キャッシュバック対象となる支払方法は次のとおり。

  • 現金
  • WAON
  • イオンマークのクレジットカード
  • イオン商品券
  • イオンギフトカード

つまり、イオンカード以外の他社のクレジットカード等で払ってもキャッシュバックされない

イオンカードを使わずキャッシュバック

わたしはイオンカード以外のクレジットカード(Amazonマスターカードクラシック)をメインカードとして使っている。

なので、これからイオンで買い物するときはWAONで払うことにした。

イオンカードを持ってはいるが……。

イオンで買い物するときはイオンのクレジットカードで払い、イオン以外の店での買い物ではAmazonマスターカードで払うというような、クレジットカードを複数使い分けるのはイヤなので。

かといって現金ではイオンオーナーズカードの割引対象だがポイントがつかない。

なので、妥協策としてポイントがつくWAON払いをすることにした。

参照株主さまご優待カードのご利用方法(イオン)

※上記は2019年4月21日時点の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS