「日本のサラリーマン村から完全に抜け出せた!」と実感できた瞬間

シェアする

スポンサーリンク
freedom

先日、会社を退職して7年以上たってやっと「自分は完全にサラリーマン社会から抜け出せたんだ」と心から実感できた瞬間があった。

退職しても、心はまだまだサラリーマン根性がしみついてるなと思っていたが、やっと完全に洗い流せたようだ。

なぜそう感じたか。

スポンサーリンク

サラリーマン川柳

それは「サラリーマン川柳」だ。

参照サラリーマン川柳(第一生命)

今年(2019年)の第1位は、

五時過ぎた カモンベイビー USAうさばらし

という句だった。

わたしはこの句を読んで、内容が理解できなかった

(後で調べてみたら、「USA」って「歌」だったことがわかった。国のUSAじゃなかったんですね(笑))

やっと心も解放されてたと実感

川柳の作者さんには申し訳ないが、共感できるポイントがわからなかった

サラリーマン川柳の第1位の句に共感できないとうことは、「心がもはやサラリーマンではない」ということ。

この句に理解も共感もできなかった大きな原因は、「USA」が何のことかわからなかったことだ。

心がサラリーマンから抜け出せていて、しかも流行にも毒されていない!

やったーーー!

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS