「%」の意味が理解できなければセミリタイアできない

シェアする

スポンサーリンク
電卓

算数教育の危機 「2億円は50億円の何%?」大学生の2割が間違えるという現実(2019.7.24 デイリー新潮)

という記事を読んだ。

「2億円は50億円の何%か?」という問題に、

50 ÷ 2 = 25

と計算して「25%」と誤答する大学生が多いらしい。

もちろん、正しくは、

2(億円) ÷ 50(億円) × 100 = 4(%)

だ。

「%」の知識がなければセミリタイアできないので、絶対に正しく理解しておきたい。

「%」が理解できないとどうなるか?

スポンサーリンク

「逃げ切り計算機」が使えない

まず、セミリタイア希望者の必須ツール「逃げ切り計算機」が使えない。

逃げ切り計算機の初期画面は次のとおり。

逃げ切り計算機

今ある貯金で逃げ切れるかどうか計算するには、「年間利息」「年間インフレ率」を入力する必要がある。

セミリタイアするなら「貯金が5,000万円あって貯金の年間利息が3%なら、1年後の貯金はいくらですか?」という問題に正答できないといけない。

「%」が理解できない理由

「%」が理解できない人は上記の問題を

5,000(万円) × 1.03 = 5,150(万円)

と解くのがわからないらしい。

なぜ元本に1.03をかけるのかがわからないのだ。

「元本 + 利息」で答えを求めるのはわかるようなのだが、

元本 + 利息 = 元本 + 元本 × 年利 = 元本(1 + 年利) 

と式を変形できないようなのだ。

参考文献かしこい人は算数で考える』(芳沢 光雄(著), 日経プレミアシリーズ, 2017)pp. 184 – 187

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS