セミリタイア資金運用決算(2019年度)~前年比10%増で最高値更新

シェアする

スポンサーリンク
謹賀新年 2020

2020年(令和2年)、新年あけましておめでとうございます。

最初の記事は例年通りセミリタイア資金の決算から。

株で資産運用している人はほとんどそうかもしれないが、わたしのような素人投資家でも前年度末に比べて資産が増えた

わたしの純金融資産の推移は次のグラフのとおり。

スポンサーリンク

再び右肩上がりへ

純金融資産推移 2019

グラフは、2003年度を100とする。青色はサラリーマン時代、2012年度以降の緑色はセミリタイア時代を示す。

2019年度は昨年度末比の金額ベースで10.1%の増加となった。

残高は最高値を更新した。

ゼニの増加率が10%を超えたのはサラリーマン時代の2006年度以来、13年ぶりやで。

家計は黒字

2019年度の家計の収支は黒字だった。

退職前は「会社を辞めたら貯金を取り崩す赤字生活」を覚悟していた。

が、最近3年(2017~2019年度)は黒字を達成できている。

主な収入源は「ブログの収益」「株・投資信託の配当金」の2つだ。

各収入源の詳細については後日の記事で紹介する予定だ。

2020年の資産運用

2020年の資産運用のポイントは「オリンピック終了後、景気が悪化するか?」だ。

前回の東京オリンピックが終わった翌年(1965年)には「昭和40年不況」が発生した。

参照1960年代:証券恐慌に対して日銀特融発動:日経指数の歩みと証券市場:日経平均 読む・知る・学ぶ(日経電子版)

今回のオリンピック後はどうなるか。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS