楽天銀行デビットカード(JCB)で国民年金保険料を払ってポイントがついたが驚いたことが1つ

シェアする

スポンサーリンク
point

令和2年度(2020年度)の国民年金保険料を楽天銀行デビットカード(JCB)で支払った。

無事、楽天ポイントがつくことになった。

国民年金保険料は2年前納で383,210円だ。

利用額100円ごとに1ポイントつくので、3,832ポイント獲得が確定した。

先日、メールで通知があった。

スポンサーリンク

メールの内容

メールの内容は次のとおり。

JCBデビットカードのご利用による引落を行いました。

■今回のご利用金額

383210円

(ポイント利用分:0ポイント、口座引落分:383210円)

■今回のご利用で獲得予定のポイント数(仮確定)

3832ポイント

前回の国民年金保険料支払で使ったクレジットカードは「国民年金保険料はポイント付与対象外」だったので、喜びも大きい。

【Amazon Mastercard】国民年金保険料のクレジットカード納付はポイント対象外!【払ってしもたがな】
ポカをやってしまった。大ショック!「Amazon Mastercard」はポイント目当ての国民年金保険料のクレジットカード納...

引き落とし日が早い

今回は国民年金保険料で無事ポイントがついた。

ただ、今回のデビットカードでの支払でびっくりしたことがあった。

年金事務所からの通知書(ハガキ)には、立替納付日は「4月30日」と記載されていた。

国民年金保険料 立替納付日

わたしは4月30日にデビットカードの口座から引き落とされると思い込んでいた。

しかし、デビットカードの引落しは4月17日だった。

4月17日に楽天銀行の口座から383,210円が引き落とされていた。

想定外の「早さ」に驚いた。

クレジットカードなら4月17日付で支出があっても実際の引落は5月以降なのであまり気にならないが、デビットカードは「即日引落」なので注意が必要だ。

教訓

国民年金保険料をデビットカードで支払うなら、4月上旬までに引落口座に必要な現金を入金しておくべし。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS