2020年の夏は「長期休暇なし」だったので精神的に楽だった

シェアする

スポンサーリンク
cat

長い休みは苦しい。

例年、当ブログは夏に「長期休暇」を取るケースが多かった。

ブログの長期休暇、つまり「更新しない期間」を設けていた。

昨年(2019年)は8月12日~23日の12日間、あえてブログを更新しなかった。

セミリタイアブログ夏期休暇2019
当ブログは夏期休暇をいただきます。 休暇期間2019年8月12日(月)~2019年8月23日(金) 次回更新日は2019年8月2...

今年、2020年は長期休暇は取っていない。

理由は「長い間休むと精神的に苦しいから」だ。

こんな言葉、もしまだサラリーマンだったら絶対に吐かなかっただろう(笑)。

スポンサーリンク

休むのが辛い理由

昨年(2019年)の夏期休暇明けの記事で、このように書いた。

「書きたいときに書けない」のは苦痛だ。

ネタが次々思い浮かんできているのに書けない。

「夏期休暇を取り消したい!」と強く思った。

出典セミリタイア中に長期休暇を取ると「働かないこと」が苦痛になる(2019.8.24)

長期休暇中に「書きたいこと」が思い浮かんでも、休暇中なので書けない。

書くことがあるのに書けないのは精神的に辛い」ということを2019年の長期休暇で実感した。

自由に過ごす

なので、2020年の夏は無理に長期休暇を設定せず、「書きたい日は書く、書く気が起こらない日は休む」というスタンスを取ることにした。

つまり自由に過ごすことにした。

すると、精神的にすごく楽になった。

まとめ

ふだん「低ストレス」のセミリタイア生活を送っていると、長期休暇なんか必要ない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS