NISAの投資枠が少し残っていたので米国株ETFを買った

シェアする

スポンサーリンク
ETF

2020年度のNISAの投資可能枠が30万円ほど残っていた。

なので、米国株ETFを買った(購入時期:2020年11月上旬)。

銘柄は「iシェアーズ S&P 500 ETF」だ。

参照iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(Blackrock)

ティッカーシンボル(ティッカーコード)は「IVV」。

スポンサーリンク

IVVを買った理由

「IVV」は、米国大型株の指数(S&P 500)と同等の投資成果を目指す上場投資信託(ETF)だ。

参照S&P 500(S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス)

はじめてIVVを買ったのは10年以上前だった。

「分散投資」を目指すために購入した。

日本株だけでなく米国株にも投資して、「国際分散投資」をすすめたかったので。

とはいえ、米国株に投資したいけど、どの会社の株を買っていいかわからなかった。

なので、米国の大型株全体に投資するETFを買った。

今回はIVVの追加投資だ。

米国大統領選挙のゴタゴタで円高?

わたしがIVVを買ったときの為替レートは「1米ドル = 103円台」だった。

2020年米国大統領選挙(トランプ vs バイデン)の結果が判明せずにモメにモメているのが原因なのか、円高がすすんでいる(2020年11月10日追記:米大統領選の結果はバイデンの勝利)。

おかげで、想定よりも若干だが安くIVVを購入することができた。

わたしが10年以上前にはじめてIVVを購入したときの為替レートが「1米ドル = 122円」だった。

当時と比べても円高になってる。

<参考文献>

※上記は2020年11月10日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS