セミリタイア生活の金融資産ポートフォリオ(2020年12月)

シェアする

スポンサーリンク

2020年度末時点の金融資産ポートフォリオは次のようになった。

ポートフォリオ2020 #1

無リスク資産・リスク資産の割合は次のとおり。

ポートフォリオ2020 #2

各項目について説明する。

  • 無リスク資産……現預金・国内債券のような日本政府が元本保証している資産
  • リスク資産……株・投資信託・国外債券のような元本保証がなく価格変動する資産
  • 年金……確定拠出年金・国民年金基金・小規模企業共済など、老後にならないと使えない資産

2020年の株高で無リスク資産の割合が減少(前年度末比 ▲2.7ポイント)して、リスク資産と年金の割合が増加している。

リスク資産は前年度比で+1.2ポイント、年金資産は+1.5ポイントだ。

年金は確定拠出年金・国民年金基金・小規模企業共済に積み立てているので、「無リスク資産の減少・年金の増加」という流れができている。

スポンサーリンク

資産の内訳

グラフの各資産の内訳は次のようになっている。

  • 現預金……ほとんどがネット銀行の定期預金
  • 国内株式……個別株、ETF(TOPIX連動型・J-REIT・金)
  • 国内債券……個人向け国債(10年・変動)
  • 国外株式……米国株ETF、先進国株インデックスファンド
  • 国外債券……米ドルMMF(米国株の配当金で買っている)

2020年は世界的なコロナ禍で「株価暴落・金価格暴騰」となるかと思ったが、株価が上がったので「有事の金」の出番はなかった。

2020年度の総括

感染が拡大しだしたときは「数年は株価低迷」と覚悟したが、金融緩和マネーが株に向かったようで結果的には前年度末比で「株高」で終わった。

株式投資についてはめでたしめでたし。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS