セミリタイア前の業務引き継ぎから退職までの日程

シェアする

スポンサーリンク
業務引き継ぎ

トランプ氏、引き継ぎせず就任式直前にフロリダへ…支持率は急降下(2021.1.16 読売新聞)

という記事を読んだ。

トランプ大統領が慣例の「次期大統領への引き継ぎ」をしない可能性が高いとのこと。

この記事を読んでわたしの退職前の引き継ぎを思い出した。

スポンサーリンク

「引き継ぎ~退職」の日程

わたしはトランプ大統領とは違い、ちゃんと後任者に引き継ぎした(笑)。

退職を上司に申し出てから半月後、後任者が決まった。

引き継ぎの期間は3日間だった。

異動ではなく退職なので、念入りに引き継ぎしたつもりだ。

転勤のような異動だと前任者は会社に残るので、「引き継ぎもれ」があれば後任者が前任者に問い合わせることができる。

が、退職の場合は前任者は会社からいなくなるので問い合わせは困難になる。

一応、退職後に問い合わせがある場合に備えて、上司に個人用のメールアドレスを教えておいた。

結局、退職後に問い合わせメールが来ることはなかった。

引き継ぎ後は有給休暇の消化

引き継ぎが終了すると、その翌日から「休暇」に入った。

有給休暇の消化だ。

退職日まで3週間休んだ(笑)。

そして、退職日を迎えて20年近いサラリーマン生活が終わり、セミリタイア生活が始まった。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS