メインのクレジットカードを「楽天カード」に切り替え(2021年1月)

シェアする

スポンサーリンク
master card

2021年1月、メインのクレジットカードを楽天に切り替えた。

今まではAmazonマスターカードクラシックを使ってきたが、楽天カードに切り替えることにした。

理由は、「楽天ポイントの使い勝手が向上したから」だ。

使用する楽天カードは年会費無料の普通のカードだ。

先日「改悪」が発表されたゴールドカードではない。

参照楽天ゴールドカード、SPU倍率を4倍から2倍に変更 年会費返金も(2021.1.14 ITmedia ビジネスオンライン)

スポンサーリンク

楽天ポイントの利用範囲拡大

最近、自宅周辺に楽天ポイントが利用できる店舗が増えてきた

参照楽天ポイントカード: 使えるお店(楽天ポイントカード)

なので、メインカードを楽天に切り替えるか、2020年11月頃から検討してきた。

メインのクレジットカードをAmazonから楽天に切り替えるか検討中
現在(2020年11月)、わたしのメインのクレジットカードは「Amazonマスターカードクラシック」だ。 参照Amazon Maste...

検討の結果、楽天カード(改悪が発表されたゴールドカードではなく年会費無料の普通のカード)をメインカードとすることにした。

今までメインカードとして使ってきた「Amazonマスターカードクラシック」は「サブカード」として、Amazonでの支払(Amazonでの買い物、Kindle Unlimited、Amazon Prime)の決済や「メインカードの予備」として使用していく。

「メインカードの予備」とは楽天カードが紛失や破損等で利用不能となったときに使う「予備カード」だ。

楽天カードの使い方

早速、光熱費・ネット・スマホなどの「固定費」の支払いを楽天カードに登録変更した。

今後のリアル店舗での買い物も楽天カードで決済していく。

たまったポイントは、自宅周辺のリアル店舗での買い物で使っていきたい。

あと、楽天カードの利用分も楽天ポイントで支払えるみたいなので使ってみたい。

参照ポイントを月々のお支払いに!ポイントで支払いサービス(楽天カード)



※上記は2021年1月19日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS