【確定申告2021】間違いやすい箇所をやはり間違い、e-Taxで訂正して再送信

シェアする

スポンサーリンク
tax

先日、e-Taxで令和2年度(2020年度)の確定申告を完了した。

【確定申告2021】Chromeでe-Tax完了【脱IE】
令和2年度の確定申告が完了した(申告時期:2021年2月中旬)。 今回のポイントは「Chromeでe-Tax」だ。

しかし、送信後に「誤り」に気づいた。

恐らく、わたしと同じ誤りをする人がけっこう多いのではないか。

スポンサーリンク

誤りの内容

わたしが間違えたのは「社会保険料控除」だ。

具体的には支払った国民年金保険料の金額を間違った。

わたしは国民年金保険料は「2年前納」で支払っている。

最初にe-Taxで申告したとき、直近の2年前納分(143,704円)しか入力しなかった。

平成時代に支払った分を失念

e-Taxの確定申告が完了してまったりしていたとき、

「さっきe-Taxで入力した国民年金保険料が少なすぎるのでは?」

と疑問を持った。

直近に支払った額のうち令和2年度に申告する額に加え、その前の2年前納分の国民年金保険料(令和2年度に申告する47,322円)を追加するのを忘れていた。

次の控除証明書の赤で囲った部分を申告しないといけない。
国民年金控除証明書

つまり、令和2年度の確定申告で申告する国民年金保険料は、

47,322 + 143,704 = 191,026 円

だ。

平成時代に支払った「47,322円」を加算するのを忘れる人はけっこう多いのでは?

e-Taxで訂正データを再送信

納付した国民年金保険料のうち、令和2年度に申告する額を143,704円から191,026円と訂正して再送信した。

e-Taxは確定申告の期限内なら何回でも訂正して送信できるのでラクだ。

参照当初、提出した申告データに誤りがあり、訂正したいのですがどうすればいいですか。(国税庁「e-Tax」)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS