「10,000円を8人で割り勘」のような「割る8」を簡単に計算

シェアする

スポンサーリンク
割り算 8

以前、10,000円の商品の費用を8人で出し合うことがあった。

10,000円を8人で払うと、支払う金額は1人あたりいくらか?

10,000 ÷ 8 = ?

を暗算でやろうとすると難しい。

工夫して簡単に計算できないか、考えてみた。

スポンサーリンク

「10,000 ÷ 8」を簡単に計算

簡単に計算できないか考えた結果、

「2で3回割ればいい」

とわかった。

8 = 2 × 2 × 2

だから、8で割らずに「÷ 2」を3回繰り返す。

計算結果

実際にやってみる。

① 10,000 ÷ 2 = 5,000

② 5,000 ÷ 2 = 2,500

③ 2,500 ÷ 2 = 1,250

と計算していけば、暗算でできる。

別解

別解として以前の記事で紹介した方法で解いてみる。

暗算できるか微妙な割り算を正確・簡単に計算する方法
「100 ÷ 2」みたいなすぐに「割り切れる!」とわかる計算は簡単に暗算できる。 が、「100 ÷ 6」のような暗算できるかどうか「微...

10,000を8で割り切れる数字に分割してから割り算をする。

10,000未満で、かつ10,000に近くて8で割り切れる数字でパッと思いつくのは「7,200」だ。

10,000 – 7,200 = 2,800

2,800未満で、かつ2,800に近くて8で割り切れる数字は「2,400」だ。

2,800 – 2,400 = 400

400は8で割り切れる。

よって、

10,000 ÷ 8 = (7,200 + 2,400 + 400) ÷ 8 = 900 + 300 + 50 = 1,250

という解き方もある。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS