高額療養費が返ってきたが課税されるか心配になった

シェアする

スポンサーリンク
預金通帳

先日、高額療養費が銀行口座に振り込まれた。

2019年8月に受けた腎臓結石の手術(ESWL)で払った医療費(手術費・薬代)の一部が返ってきた。

腎臓結石の手術(ESWL)で石を割ってきた
先日、腎臓結石の手術を受けた。 サラリーマン時代に尿路結石になって手術をして以来、病院でレントゲンによる定期検査をしている。 定...

手術終了後、高額療養費を申請した。

高額療養費の請求と限度額適用認定証の取得
腎臓結石の手術でかかった費用の一部を取り戻すため、役所へ高額療養費の請求に行ってきた。 手術を受けた月にかかった費用の総額は6...

返金は銀行振込だ。

スポンサーリンク

意外に早く振り込まれた

役所の窓口では「振込は3~4ヶ月後になります」と言われた。

が、実際には2ヶ月程度で振り込まれた。

意外に早かった。

ちなみに、還付率は11%程度だった。

高額療養費は課税されるか

お金は返ってきたが、このお金は「雑所得」か何かで課税されるのだろうか?

という心配があった。

調べてみると、高額療養費は所得ではないので確定申告不要とのこと。

高額療養費は支払った医療費の還付的な性質を有するものなので、所得には該当しません。したがって、確定申告をする必要はありません。

出典高額療養費の確定申告について(MoneyForward)

安心した。

ただし、医療費控除で確定申告する場合は、支払った医療費から高額療養費等でもらったお金は差し引かないといけない。

参照医療費を支払ったとき(国税庁)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS