月収100万円を突破したけど全然うれしくない件

シェアする

スポンサーリンク
お金に困ってないサラリーマン

2021年10月はセミリタイアしているのに「月収100万円」を突破した。

ふつうなら大変喜ばしいはず。

サラリーマン時代でさえ(賞与を除き)月収で「100万円」という大台は突破したことはなかった。

が、うれしくない。

スポンサーリンク

月収100万円なのにうれしくない理由

うれしくない理由は「自分で稼いだお金ではないから」だ。

2021年10月に、保有している「個人向け国債」が満期となる。

満期となる元本が100万円だ。

わたしが使っている家計簿ソフト「Microsoft Money」では、国債が満期償還されると、利息だけでなく元本も「投資収入」とカウントしてしまうのだ。

なので、収入が100万円以上となってしまう!

単に、わたしの金融資産が「国債」から「銀行預金」に変わっただけなのに、家計簿上は「収入」として処理されてしまう。

まとめ

国債の満期償還は当然ながら「収入」とは認識できない。

なので、家計簿では収入とカウントされているが、わたしの心の中では収入とカウントしない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS