含み損がある「コカコーラ株」をどうするか

シェアする

スポンサーリンク
coca cola

コカコーラの株を持っている。

銘柄は、

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(2579)

だ。

買ったのは約15年前、まだサラリーマンだった頃だ。

今日(2021年10月17日)現在で含み損を抱えている。

持ち続けるべきか売るべきか。

スポンサーリンク

コカコーラ株の購入動機

コカコーラ株を買った理由はズバリ、

株主優待

だ。

株主優待で「コカ・コーラ商品詰め合わせ」がもらえた。

「コカコーラ」「ファンタ」「綾鷹」「ジョージア」などなど。

が、株主優待は2019年に廃止となった。

参照コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD、株主優待の廃止を発表! 従来は自社製品と交換できるポイントがもらえたが、2019年12月分を最後に廃止されることに!(2019.12.19 ザイ・オンライン)

株を持っている理由がなくなった。

コカコーラ株を売らない理由

株を持っている理由がなくなったのだから、売ればいい。

が、株主優待がなくなって1年以上経過したが売ってない。

理由は、「損失を計上するなら含み益がある銘柄とセットで売りたいから」だ。

「含み損 + 含み益」で利益を縮小できれば、金融所得課税も縮小できて節税となる。

だが、コカコーラ株とセットで売る「含み益がある銘柄」がない。

含み益がある銘柄は持っているが、まだ持っておきたいものばかりだ。

なので、コカコーラ株を売れないでいる。

コカコーラ株だけを売っても損失は3年間繰り越せるが、、、どうしよう。

参照No.1474 上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除(国税庁)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS