2014年の正月三が日に読んだ本

シェアする

スポンサーリンク


正月三が日はゆっくり読書できると思っていたが、外出したり録画しておいたテレビを観たりと、ゆっくり読書できる時間があまりなかった。そんな多忙(?)な中に読んだ本。

■細野真宏著『細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

数学的思考力とは「論理的に説明できる力」。問題が解けないと数学を面白いとは思わない。だから問題を解くために最小限の公式の暗記は必要。

■ランディ・パウシュ著『最後の授業 ぼくの命があるうちに (SB文庫)

膵臓癌のため46歳の時に「余命数ヶ月」と宣告された大学教授の最後の講義。

■網野善彦著『歴史を考えるヒント (新潮文庫)

「日本」という国号の起源と、その言葉に込められた意味とは。

■ニーチェ著『善悪の彼岸 (光文社古典新訳文庫)

哲学書というより格言集として読んだ。

個人の狂気はかなり稀なものである。―――しかし集団、党派、民族、時代となると、狂っているのがつねなのだ。

■『Jensheits von Gut und Böse』

善悪の彼岸 (光文社古典新訳文庫)』の原書(ドイツ語)。

■若田部昌澄著『もうダマされないための経済学講義 (光文社新書)

戦後の日本が高度経済成長できた理由……学術的には「よくわからない」そうだ。官僚が主導したというのはウソみたいだ。

■久保田淳、吉野朋美 校注『西行全歌集 (岩波文庫)

西行の短歌約2300首を集めた歌集。

世を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけれ(西行法師歌集137)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS