自由になっても幸福になる確率が低い人

シェアする

スポンサーリンク
woman and the sun

論理的に考え、合理的に行動できなければ、生き方を自由に選択できる現代社会では幸福になれる確率は低い。

新井紀子『生き抜くための数学入門 』(イースト・プレス 2011) を読んで、そう感じた。

本書はタイトルの通り、数学を学ぶことで「論理的に思考して、合理的に行動する」ことにより、

現代社会で幸福に生きられる確率を上げる

ことを目指す本だ。

スポンサーリンク

数学力は民主主義社会に必須

いままで「中学・高校でやった数学なんて実社会で役に立たない」

と思っていた。

実際、社会人になって仕事で「微分・積分」を使った記憶はない。

しかし、微分・積分の問題を解くことはどうでもよくて、「数学の問題を解くときに必要な論理的思考力」が実社会で役立つのだ。

論理的思考力とは、与えられた問題について「だから」「どうして」「どうなる」か、を考えることだ。

なぜ、論理的思考力が必要かといえば、いま生きている社会が「選択の自由」を前提とした民主主義社会だからだ。

例えば、こんな選択。

  • どこに住むか
  • 仕事は何をするか
  • 転職すべきかどうか
  • 定年前に退職するべきか
  • 貯金が3,000万円貯まったけど、退職するべきか
  • 株に投資するなら、何を買うべきか
  • マイホームか賃貸か
  • 選挙でどの候補者に投票すべきか

などなどについて、自由意志に基づいて「選択」することが求められる。

民主主義というのは「市民が論理的に思考して合理的に行動できる」ことを前提に成り立つ社会だ。

不幸を選択しないために

考える力がなければ、うまく言いくるめられたり、感情論で煽られたりして、誤った選択をしてしまう確率が高い。

「誤った選択」というのは、つまり「不幸」になることだ。

自由に生きて幸福になりたければ、数学を勉強しろということか。

しかし、完璧に論理的に考えても解けない問題が存在するということが数学的に証明されているらしいので、奥が深い。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS