「Amazonギフト券を使ったら現金を銀行口座に戻す」ルールを廃止

シェアする

スポンサーリンク

家計管理のルールを変更した。

Amazonギフト券を使ったら現金を銀行口座に戻す」で書いたように、Amazonアソシエイトで収入として受け取った「Amazonギフト券」を使った場合、使った金額を手持ちの現金を預金口座に戻す作業をしていた。

これをやめる。

スポンサーリンク

現金残高の調整

理由は、「使った金額と現金残高を合わせるため」だ。

例えば、Amazonギフト券が5,000円、現金が10,000円あって、予算の上限が10,000円だとする。

5,000円の商品をAmazonギフト券で購入した場合、支出があるにもかかわらず現金が10,000円残ることになる。

最悪、予算の上限10,000円を越えて15,000円使えてしまう。

よって、無駄遣いを防ぐため、Amazonギフト券を使ったら、使用分の現金を預金口座に戻していた。

ちょっと面倒になってきた。

家計管理の簡素化

セミリタイア生活に入ってからは、家計に予算を設けて上限を超えないようにしてきた。

参照:家計を「システム化」してお金のストレスから解放される

おかげさまで、今のところは予算の上限を超えることはなく、予算が余るようになってきている。

無駄遣いしない自信がついた。

よって、「Amazonギフト券を使うたびに預金口座に現金を戻す」という面倒な作業は廃止する。

<参考文献>

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS