早期退職の3大ハードルを超える方法は「覚悟」

シェアする

スポンサーリンク
山

わたしが早期退職しよう、と思った時に感じた3つの大きなハードルは、

  • お金
  • 時間
  • 世間体

だった。

これら、3大ハードルを超える方法を考えてみた。

ハードルを超えるには「覚悟」があればいい。

「覚悟」があれば、早期退職後でもお金に困らないし、自由な時間を楽しめるし、世間体も気にならない

スポンサーリンク

ハードル1:お金

早期退職をためらう一番大きな理由は「お金」だ。

退職後の生活費をまかなうだけの貯金があるのか。

わたしも退職前には「逃げ切り計算機」で何回もシミュレーションした。

平均寿命まで「貯金+年金」で逃げきれるかどうか確認した。

ただ、シミュレーションを何回やっていい結果が出ても「死ぬ前に無一文になって、生活保護が必要になったりしないだろうか」という心配は消えない。

ハードル2:時間

退職後は自由な時間をたくさん持てる。

自由なのはいいが、「ヒマ」ともいえる。

毎日、何をやればいいのだろう。

サラリーマン時代は何をやるかはすべて会社が決めてくれた。

退職後はすべて自分で決めないといけない。

他人にコントロールされる「不自由」に慣れているサラリーマンにとっては、「自由」というのは意外にストレスがたまる。

ハードル3:世間体

退職して、特に何もしなければ「無職」となる。

ずっと「サラリーマン」という肩書を持っていると「無職」となることにすごく抵抗がある。

他人の目も気になる。

近所の人から「無職」と、後ろ指をさされないだろうか。

「肩身の狭い思いをしなければならないのか」、と心配になる。

わたしの場合、退職後に開業届を税務署に提出して「自営業」となったが、他人から見れば「無職」と「自営業」の区別はつかない。

大丈夫?

覚悟

覚悟とは何か?

それは、

  • 無一文になる覚悟
  • ヒマでヒマで何もすることがない覚悟
  • 他人から後ろ指をさされる覚悟

だ。

覚悟を持てばどうなるかといえば「頑張らなくなる」というプレゼントがもらえる。

「無一文になる覚悟」があれば、お金を稼ぐために頑張らなくなる。

「ヒマでヒマで何もすることがない覚悟」があれば、頑張らずに何もしない時間を楽しむことができる。

「他人から後ろ指をさされる覚悟」があれば、他人に反論することに頑張らなくなる。

結局、覚悟した心配事は実現しなくなる。

ハードルだと思いこんでいたことは、実は自分の脳内にだけ存在する「妄想」に過ぎないことがわかる。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS