クレジットカードで納税すると、カード会社に収入を把握される?

シェアする

スポンサーリンク
クレジットカードでショッピング

2017年1月4日から、クレジットカードで国税を納付することができるらしい。

参照:通勤手当、月15万円まで非課税=国税クレジット納付も―政府・与党 (2015.11.27 Yahoo!ニュース)

つまり、2016(平成28年)度の国税からクレジットカードで納付できる。

ただし、クレジットカードの手数料は納税者負担だ。

国税のクレジットカード納付制度は、17年1月4日から施行する。国税庁のホームページなどを通し、インターネット上で納付と決済の情報を入力すれば、納税できるようにする。クレジットカードの利用手数料は納税者負担となる。

上記記事

クレジットカード払いの唯一のメリットが「ポイント還元」だ。

還元されるポイント-手数料」がいくらくらいになるかでクレジットカードで納付するかどうか決めようと思う。

スポンサーリンク

収入がカード会社にバレる?

あと1点、気のなるのが、

クレジットカードで納税すると、所得がカード会社にバレるのでは?

という点だ。

つまり、収益がいまいちだった年度にクレジットカードで納税すると、

大して稼いでないやつだな

とカード会社に思われて、信用情報にキズがつくんじゃないだろうか。

最悪、クレジットカードの利用停止になるんじゃないか、

と勘ぐっている。

まとめ

  • がっぽり儲かって高額納税しないといけない年度は、クレジットカードで納税してポイント還元のメリットを受ける
  • 収益がいまいちの年度は、従来通り「口座引落」とか「電子マネー」で納税する
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS