2016年センター試験「世界史A」をやってみた

シェアする

スポンサーリンク

2016年の大学入試センター試験の世界史Aをぶっつけ本番でやってみた。

参照:2016年度大学入試センター速報 (河合塾)

結果は100点満点で79点だった。

あと1点で80点だったのに、惜しい!

配点が3点の問題を7問間違えて21点の失点だった。

スポンサーリンク

印象に残った問題

間違えた問題のひとつは、ドイツ史を問う問題。

ドイツ史なんて全然わからない。

「ウィーン会議」「ドイツ関税同盟」「普仏戦争」を発生順に並べる問題だった。

正確な年を『世界史B用語集 改訂版』で確認してみた。

ウィーン会議……1814年

ドイツ関税同盟(発足)……1834年

普仏戦争……1870年

よって、「ウィーン会議」→「ドイツ関税同盟」→「普仏戦争」となる。

※※

「世界史A」の問題33問中、1問を除けば配点はすべて3点だった。

1問だけ配点が4点の問題があった。

とある絵画の作者を問う問題だ。

20160223_centershiken1

※絵画の画像の引用元はWikipedia

絵画のタイトルは「農民の踊り」という。

たまたま、好きな画家の絵だったので「ブリューゲル」と正答することができた。

不可解な問題

1個疑問に残った問題がある。

日本の幕末に関する問題だ。

第4問の問2で「日米和親条約により、開国した」という文が正しいかどうかを問う問題だ。

公式の解答は「正しい」となっている。

???

「日米和親条約」はあくまでも「和親」であって開国といえるのだろうか。

日米和親条約の時点ではまだ「貿易」は認めていない。

開港したのは下田と箱館の2港だけで、しかも外国人が自由に動けるのは港の周辺だけだと記憶している。

つまり、長崎の出島のようなところがちょっと増えたようなイメージを持っている。

日米和親条約じゃなくて「日米修好通商条約により、開国した」が正しいのではないか、という疑問を持っている。

ペリーは開国できなかった。

※わたしが使用している『世界史B用語集』は絶版となっていて、最新版は『世界史用語集』というタイトルになっている。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS