会社に長くいると「人間の抜け殻になる」恐怖感を抱いた小説

シェアする

スポンサーリンク

松本清張の小説「いきものの殻」を読みなおした。

延命の負債』 (角川文庫 1987) に収められている短編小説で、初めて読んだのはサラリーマン生活を始めて数年たった頃だった。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公は東京の商社に30年勤務して総務部長のポストを最後に退職した男だ。

彼は毎年会社のOB会に出席していた。

本当はあまり出席したくなかったのだが、OB会の出席資格が「次長以上の元社員」というのに「卑屈なプライド」をくすぐられて毎年出席している。

話の内容は小説を読んでもらうとして、彼はOB会の帰りに東京駅の方に向かって歩いていた。

ふと見上げると、かつて30年間勤めていた会社のビルの前に来ていた。

彼は会社の建物が「生き物」に見えた。

どんな生き物に見えたか。

作者・松本清張の表現が傑作なので引用する。

建物が、いつまでも生きている生物にみえたのである。この内部で働いている人間は年々に老いて辞め、死んでゆく。しかし、この建物だけは、会社創立よりすでに六十年になるが、生存機能を停止することを知らない。これからも何十年か、何百十年かを生きるかもしれない。その間に、何千人という人間が、この内部で栄養を吸い取られ、吐き出されて斃死(へいし)することであろう。人間は死んでゆくが、この建物ばかりは、栄養にふくらみ、動脈に赤い血を殖やしてゆくように思われた。

p.145

会社という「生き物」

この文を読んだときはまだ駆け出しのサラリーマンだった。

「会社」ってなんて恐ろしいところなんだ、と思った。

何千人もの社員の「栄養」を吸い取りながら生きながらえる「会社」という生き物……。

ところで、なぜ主人公の男は会社をこのような「生き物」だと思ったのだろうかと考えてみた。

彼はもう会社に「生きるエネルギー」をすべて吸い取られ「人間の抜け殻」になってしまっているのではないだろうか。

30年という時間をすべて会社に捧げた「人間の抜け殻」

小説のタイトル「いきものの殻」に込められたメッセージを読み解きながら、自分の会社人生に重ねあわせて読むのがおすすめだ。

延命の負債 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2014-01-08)
売り上げランキング: 71,297

※収められている小説
延命の負債
湖畔の人
ひとり旅
九十九里浜

春の血
いきものの殻
津ノ国屋
子連れ
余生の幅
三味線

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS