「日清食品ホールディングス株主懇親会」参加の抽選にハズレた

シェアする

スポンサーリンク
ビル

2016年2月24日にホテルニューオータニ大阪で開催予定の「第18回日清食品ホールディングス株主懇親会」に抽選でハズレた。

これが落選通知。
20160208_nisshin_gokitai_ni_soenai1

株主懇親会では日清食品ホールディングスのグループ各社の製品(インスタント麺、ドリンクなど)の試食ができる。

ホテルニューオータニのパーティー会場でカップ麺を食べる」というギャップ感が好きで、毎年楽しみにしていた。

スポンサーリンク

必ず株主懇親会に参加できる方法

昨年の9月30日時点で日清食品ホールディングス(2897)300株以上保有していたら無条件で「当選」となり必ず参加できる権利が与えられる。

300株未満の場合、所有株式数と所有期間を考慮して抽選するとのこと。

日清食品ホールディングスの単元株数は100株だ。

つまり、保有株数が最低の100株だと当選する可能性が低くなる。

もし、無条件で参加したければ300株以上持つ必要がある。

参加料は167万円?

現時点(2016.2.8 13:33)での日清食品ホールディングス(2897)の株価を「Yahoo!ファイナンス」で確認すると5,570円だった。

300株保有するには、

5,570×300=1,671,000円

プラス売買手数料が必要となる。

カップヌードルの価格はAmazonで調べたら145円だった。300株の価格1,671,000円を払えば、11,524杯のカップヌードルが食べられる(1671000÷145=11524.137…)。

毎日1個食べても31年以上食べられる(11524÷365=31.572…)。

インスタントラーメンの試食会に出るだけのために167万円も払ってリスクをとれるか……

と考えると、従来通り「抽選で当たったら参加する」ということでOKだ。

日清 カップヌードル 77g×20個
日清食品
売り上げランキング: 488
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS