Chromeが頻繁にフリーズする原因はRapportだった

Google Chrome

2016年のゴールデンウィーク(GW)が始まった頃から、ブラウザ(Chrome)が頻繁にフリーズするようになった。

PCのOSはWindows10で、Chromeのバージョンは「50.0.2661.94 m (64-bit)」だ。

「50.0.2661.94」が公開されたのは2016年4月28日(米国の現地時間)らしい。

参照:Google、「Google Chrome 50」安定版のセキュリティアップデートを公開 (2016.5.6 窓の杜)

わたしのPCでChromeがフリーズし始めた時期と重なる。

Chromeの最新版(50.0.2661.94)の更新がフリーズの原因のようだ。

スポンサーリンク

Chrome最新版とRapportとの相性

Chromeの「頻繁フリーズ」の解決法が見つからないまま放置していたが、GWの終盤頃にネット上に「Rapportを削除したら解決できた」という情報がちらほらと出てきた。

「Rapport」とは三菱東京UFJ銀行が推奨しているIBMのネットバンキング専用のウィルス対策ソフトだ。

参照:無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」 (三菱東京UFJ銀行)

わたしは三菱東京UFJ銀行のネットバンキングを使っていないので、とりあえずRapportをPCから削除してみた。

削除したくなければ、「Rapportを最新版にアップデートする」という方法も有効のようだ。

わたしの場合、PCに別のウィルス対策ソフトをインストールしてある。

よって「Rapportは必要ない」と判断して、削除することにした。

Rapportの削除方法は次のIBMのサイトを参照した。

参照:Trusteer Rapportのアンインストール

Chromeがサクサク動く!

Rapportを削除したら、Chromeがウソのようにサクサク動くようになった。

Chromeを「50.0.2661.94」にアップデートしたら、Rapportとの相性が原因で頻繁にフリーズするようになったのは明らかだ。

これで快適なインターネットライフが取り戻せた。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader