退職後初の運転免許証更新、費用は3,800円

シェアする

スポンサーリンク
ドライブ

運転免許証の更新手続きのハガキが来た。

会社を退職して初めての免許証更新だ。

サラリーマン時代は有給休暇を取得して平日に警察署へ行っていた。

土日祝日に警察署へ行くと混んでいると思ったからだ。

セミリタイア中の今はゆっくりと平日に免許更新に行ける。

免許更新の手続きに必要なものは次のとおり。

スポンサーリンク

更新手続きに必要なもの・費用

  • 運転免許証
  • ハガキ(連絡書)
  • 写真1枚
  • 手数料3,000円(更新手数料:2,500円、講習手数料:500円)
  • 筆記具(ボールペン)
  • 眼鏡等

写真は近所にある「スピード写真」で撮影すると800円だから、運転免許証の更新費用は3,800円だ。

3,800円……。

わたしはゴールドなので5年毎の更新だから、3,800円を5で割ると760(円/年)、さらに365で割って約2(円/日)となる。

運転免許証の維持費は1日あたり2円だ、と割り切ることにする。

ヘンな写真だと警察に却下される

ハガキには「※不適当な写真と判断した場合は、写真の再提出を求めます。」と書いてあった。

写真の審査基準は都道府県警のホームページに掲載されているとのこと。

大阪府警のホームページを見てみると「写真の審査基準」はこうだ。

  • 6か月以内に撮影したもの
  • 無帽、正面、上三分身、無背景のもの
  • 大きさは、縦3センチメートル×横2.4センチメートル(頭上を2から3ミリメートル空けて下さい)
    ※国外運転免許証については、大きさが異なりますので、「国外運転免許証の申請」のページをご覧ください。
  • 提出する写真の裏面には、撮影日と氏名を記載して下さい。

「上三分身」とは「胸から上」という意味らしい。

不適当な写真例」も掲載されていた。

後日、更新に行く予定。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS