豪邸に住むと怠け者になる、狭くみすぼらしい家に住む方が仕事が進む

シェアする

スポンサーリンク
Goethehaus in Weimar

なるほど、そういうものなのか。

記事のタイトルは『ゲーテとの対話 中』 (エッカーマン(著), 岩波文庫,
1968)で、ゲーテが著者(エッカーマン)に語った言葉だ。

以下、本書から引用する。

「豪華な建物や部屋などというのは、王侯や金持ちのためのものだ。そんなところに暮らしていると、安楽をむさぼり、太平楽になれて、もうそれ以上なにもしたくなくなる。」

p.98

ゲーテも王侯貴族や金持ちに近い生活をしていて、怠け者になった。

スポンサーリンク

怠け者になったゲーテ

「私の性分は、そういうものにはまるっきり向いていない。カールスバートに持っていたような豪壮な邸宅にいると、私はたちまち怠け者になって、なにも仕事をしなくなった。

p.98

そこで、ゲーテは自分の書斎を「粗末で狭い部屋」にしたらしい。

粗末な部屋が数々の名作を生んだ

ところが、今われわれがいるこの粗末な部屋(書斎)みたいに、一見雑然としているようでいてちゃんとおさまりのついた、若干ジプシー風な趣きもあるといった、みすぼらしい住居の方が、居心地がいいのだよ。ここにいると、私の精神は自由奔放になれるので、活動的になって進んで仕事をするようになるのさ。」

p.98

※強調は引用者

ゲーテのように豪邸を建てるほどお金があれば、怠けても生きていける。

が、ゲーテは書斎をわざと狭くみすぼらしい部屋にした。

もし、ゲーテが豪邸に住み続けて怠けていたら、数々の名作や名言は誕生しなかったかもしれない。

仕事は環境が9割」なんだなと思った。

仕事のモチベーションを上げたい、効率を上げたいなら、上記のゲーテの言葉が役に立つ。

※ヘッダ画像はゲーテの家(ドイツ・ワイマール)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS