もしセミリタイアブロガーがKindleに参戦したら働きやすい社会が到来する?

シェアする

スポンサーリンク
tablet pc

Amazonのトップページで「早期退職」で検索すると、先日発売した当ブログの本、

40代で早期退職して自由に生きる

が検索結果の先頭ページに表示される(2016.9.28 15:00時点)。

Amazon 早期退職

スポンサーリンク

早期退職は少数派

上記の画像をみてもわかるとおり、「早期退職」の検索結果はたった68件だ。

早期退職に関する本は、まだまだマイナーだ。

定年前にさっさと会社を辞めて早期リタイア生活(セミリタイア生活)を実行する人は、やはり少数派なのかもしれない。

だから、既存の出版社は「早期退職」というタイトルの本は出さないのだろう。

もしセミリタイアブロガーがKindleに参戦したら

「早期退職」といった「ニッチな市場」は個人で細々と活動しているKindle作家は狙い目かもしれない。

「セミリタイア」をテーマにブログを書いているブロガーさんがどんどんKindleに来たら面白いことになりそう。

ひょっとしたら、日本人の「労働」に対する価値観を変えるかもしれない。

「定年まであくせく働く必要はないんだ」「会社が嫌ならスパッと辞めちゃってもいいんだ」「会社に就職しなくてもいくらでも仕事はあるんだ」という価値観が定着する……かも?

他人に雇われて旧来の時給仕事をやるより、価値観を変える側に回ったほうが遥かに利益は大きい、と思う。

40代で早期退職して自由に生きる
(2016-09-23)
売り上げランキング: 296
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS