日本人は平安時代から会社が嫌いだった

シェアする

スポンサーリンク
仁和寺

清少納言の『枕草子』を読んでいると、第74段に「あぢきなきもの」というエピソードがあった。

日本人は平安時代から会社が嫌いだったんだな」と思った。

当然、当時は「会社」という組織はなかったから「宮仕え(役所勤め)」になるのだけど、「組織で勤める」という意味では「宮仕え=会社員(サラリーマン)」とみなす。

自分で志望して宮仕え(サラリーマン)になったのに、仕事が嫌になって、面倒くさく思っている。

そんな平安時代のサラリーマンを見て、清少納言が「あぢきなきもの」と評した。

「あぢきなきもの」とは、

おもしろくない、にがにがしい、困った、今さらどうしようもない、筋道に添っていなくて無益だ、などの不快感を形容する。

という意味だ。

本文を見てみる。

あぢきなきもの。わざと思ひ立ちて宮づかへに出たちたる人の、物憂がり、うるさげに思ひたる。

現代語訳は、

今さらどうしようもないもの わざわざ決心して宮仕えに出た人が、宮仕えをおっくうがり、面倒くさそうに思っている。

日本人が会社勤めを嫌がるのは1000年以上続く「伝統」なのだ。

引用元:『枕草子・上』(講談社学術文庫 1999)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS