「Amazon Mastercard」の還元率が最大2.5%に拡大

シェアする

スポンサーリンク
package

今日(2016年10月27日)から、Amazon Mastercardの還元率が最大2.5%となる。

2016年10月27日から、Amazon Mastercardゴールドのお客様および、 Amazon Mastercardクラシックをお持ちのプライム会員の方は、Amazonでのお買い物でさらにポイントが貯まるようになります。

Amazon Mastercardゴールドのご利用 2.5%、プライム会員のクラシックご利用2%

20161027_amazon1

Amazon Mastercardゴールドなら2.5%、Amazon Mastercardクラシックなら2%還元となる。

還元を受けるための条件はAmazon Mastercardのページを参照してほしい。

それでは、この2種類のカードを細かくチェックしていきたい。

スポンサーリンク

Amazon Mastercardゴールド

Amazonの「ヘビーユーザー」向けのカードだ。

定常的にAmazonでがっつり買い物をしまくって、かつプライム会員、みたいな。

年会費は10,800円(税込)。

ただし、プライム特典がついてくる。

つまり、プライム会員の年会費3,900円がコミコミになっている。

ということは、カード部分の年会費は10,800-3,900=6,900円となる。

さらに「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用で次年度年会費が「1,080円(税込み)」割引となる。

これも差し引くと実質の年会費は、6,900-1,080=5,820円

もし「マイ・ペイすリボ」という「リボ払いサービス」に登録して年に1回以上カードを使えば年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引となる。

が、高額商品を買ったときなどに「高金利のリボ払いを使ってしまうリスク」に注意。

「マイ・ペイすリボ」を使えばカード部分の実質年会費は、5,400-3,900-1,080=420円となる(プラス、プライム年会費は3,900円)。

Amazon Mastercardゴールドは、カード部分の実質年会費420円で還元率が2.5%を狙える(Amazon.co.jpの利用に限る)。

参照:Amazon Mastercardゴールド

年会費420円をポイントで回収して「実質年会費無料」とするには、420(円)÷2.5(%)=16,800(円)分の決済が必要だ。

「Amazon Mastercardクラシック」と比較するなら、還元率の差が0.5%なので、毎年、420(円)÷0.5(%)=84,000(円)を超える決済があれば、「Amazon Mastercardゴールド」が有利となる場合がある。

ただし、「プライム会員の会費とカード年会費の抱き合わせ感」があるから、自由度が制限される。

Amazon Mastercardクラシック

Amazonをそこそこ使うけど、カード年会費を払いたくない人向けのカードだ。

年会費は初年度無料、翌年度以降は1,350円かかるが、1回でもカードを使えば翌年度も年会費は無料となる。

Amazonの買い物以外の生活費の支払いにこのクレジットカードを使っていれば、年会費を払うケースはほぼゼロだろう。

新規入会で5,000円分のポイントがもらえる。

プライム会員はAmazon.co.jpでの買い物で還元率が2%だ。

プライム会員でAmazonをそこそこ利用している、でも、将来的にはプライム会員の解約も視野に入れていて、クレジットカードの年会費は無料にこだわりたい人にはおすすめだ。

参照:Amazon Mastercardクラシック

※※

Amazonの上記クレジットカードのレビューにも、コスト計算例がたくさん掲載されているので、参照して検討するのもいいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS