残業時間は月45時間でも苦しかったので、労働時間は週8時間にした

シェアする

スポンサーリンク
東京駅周辺の夜景

サラリーマン時代は月45時間の残業でも苦しかった。

「月45時間」というのは労使の「36協定」(サブロク協定)で決める通常月の残業時間数だ。

参照:残業「月100時間未満」実現、企業にバトン 労使が合意、実効性確保へ罰則(2017.3.13 日経)

上記記事によると、繁忙月は年1ヵ月に限り「月100時間未満」残業させてもいいことになったようだ。

月45時間を超える残業は年6ヵ月まで。

年間の上限は720時間。

スポンサーリンク

毎日20時に退社なんてイヤ

月45時間残業すると、1日の残業時間は2時間15分となる(ひと月20日働いたとして)。

定時が18時頃だとすると、毎日20時過ぎまで働くことになる。

定時を過ぎて、2時間も会社にいるなんて、無理だ。イヤだ。

精神的に持たない。

というか、実際にやって持たなかった。

会社の帰りにコンビニに立ち寄ってプリンを買って食べることで、何とかごまかしていた。

1日2時間も残業できないのは、明らかに日本企業のサラリーマンに合わない体質だ。

合わないと分かっていたから、早期退職を目指した。

現在の労働時間は週8時間

会社を早期退職した現在は、労働(現金収入が発生する活動)と言えば「ブログの記事作成・サイト運用」くらいだ。

現在の労働時間は週8時間くらい。

主な労働の内容は次のとおり。

  • ブログの記事を書いて更新する
  • ブログの電子書籍化(不定期)
  • WordPressのバージョンアップ
  • プラグインの導入・バージョンアップ
  • データのバックアップ
  • 帳簿作成、確定申告

作業は20時までと決めているので、20時を過ぎるとPCの電源を切る。

とはいえ、作業は午前中にすませることが多いから、午後からはほとんど自由時間だ。

夜に作業することはあまりない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS