6.18大阪府北部の地震のセミリタイア生活への影響(地震発生から2日目)

シェアする

スポンサーリンク
water

セミリタイア生活を開始して以来の最大の地震から1日経過した。

セミリタイア以来最大の地震(2018.6.18 大阪北部)
びっくりした。 今日(2018.6.18)7:58ごろ、大阪北部を震源とする大きな地震があった。 わたしは自宅にいて、大きな揺れ...

心配なのはライフライン関係だ。

現時点(2018.6.19 6:30)での自宅周辺のライフライン状況についてまとめてみた。

スポンサーリンク

電気・通信

幸い、停電はまったく発生しなかった。

地震直後から電気は来ている。

電話回線も大丈夫だ。

Wi-Fiが使える。

なので、こうやって自宅からPCでブログを更新できている。

今のところ停電せず、通信の遮断もないのでネットから情報を得られるのは大きい

デマや不正確な情報も多かったので注意は必要だが。

ライフライン情報については、テレビやラジオの情報は古いし大ざっぱなので、ネットの情報は有用だった。

ガス

地震発生当日からガスは停止している。

大阪ガスからの供給が止まっているのか、ガスメーターの「自動遮断」で止まっているのかは不明。

しばらく様子を見てみる。

▼2018.6.21追記
その後、ガスのメーターが地震を検知してガスを自動遮断していたことがわかり、メーターの「復帰ボタン」を押すことで使えるようになった。

参照ガスが使えない場合は(大阪ガス)

水道

6月19日の朝の時点では、断水はない。

もし断水したら給水所まで水をもらいに行かなければならない。

ちょっと面倒そうだが、仕方ない。

物流

聞いた話では、近所のスーパーは「買い占め」のせいか、棚が空っぽだそうだ。

道路が混みまくっていたから外出を控えたので、地震当日は買い物は行っていない。

Amazonで水を注文したらすぐくるかな、と思って試しに注文しようとしたら、到着予定日は5日後の6月23日だったのでやめた。

物流が大打撃を受けていなさそうだったので「個人的に通販を使っても大丈夫」と判断したが、やはり災害時は通販を使うのは控えたほうがいいのかも。

東日本大震災の経験から「どうせスーパーやコンビニに行っても何もないだろう」という「あきらめ」も買い物に行かなかった理由のひとつだ。

番外編:ゲーム

地震前、Amazonでゲームソフト(PS4)を購入した。

到着予定日は6月18日、まさに地震当日だった。

結局、ゲームはまだ届いていない。

「地震後の道路の大渋滞で配達は難しい」と配送業者から電話があった。

なので、到着予定日は翌日(6月19日)に延期となった。

仕方ない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS