猛暑でエアコン(冷房)をつけても部屋が冷えない場合の対策

シェアする

スポンサーリンク
mineral water

最近は日中が35℃以上の猛暑日が続き、エアコンがききにくい。

朝からエアコンをつけっぱなしにしても部屋の室温が30℃台だ。

外よりはマシだが、暑い。

ある一日の室温を測ってみた。

ちなみに、予報では最高気温が37℃の日だ。

スポンサーリンク

室温の推移

6:50 すでに室温が31℃なのでエアコンをつけた(設定温度25℃)

9:20 29℃まで下がった、まあまあ快適

10:30 30℃を超えた、エアコンをつけてるのに……

12:30 32℃になった、ちょっと不快

14:30 33℃を超えた、かなり不快

16:30 34℃を超えた、何もやる気が起きない

ちなみに、朝からずっとエアコンをつけっぱなしだ(設定温度は25℃)。

電気代をかけるわりには冷えないので、何だかもったいない

エアコンの周辺は冷えているので、故障ではないようだ。

部屋全体を冷やす策は何かないかと考えた。

サーキュレーター導入

エアコンをつけても部屋が冷えないのは、冷気がエアコンの下の部分だけに溜まってしまうことだ。

エアコン周辺は冷えているが、ちょっと離れると暑い。

なので、エアコンの下部に溜まっている冷気を部屋全体に送り込む必要がある。

というわけで、サーキュレーターを購入することにした(Amazonでポチった)。

注文したのは「アイリスオーヤマ サーキュレーター」だ。

エアコンの下部に溜まっている冷気にサーキュレーターを当てて、部屋全体に循環させようとする目論見だ。

サーキュレーターでどれだけ効果が上がるか、後日報告したい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS