セミリタイア中の猛暑に備える3つの塩分補給策

シェアする

スポンサーリンク

2018年7月の猛暑はもう少し続きそうだ。

セミリタイア中で平日も自由に動けるとはいえ、これだけ暑いとエアコンの効いた部屋で読書したりゲームしたりして過ごすしかない。

猛暑の熱中症対策といえば水分と塩分の補給だ。

塩分は主に次の3つの方法で補給している。

  • スポーツドリンク
  • 塩飴
  • 柿の種
スポンサーリンク

スポーツドリンク

外出先から帰宅すると、必ずコップ1杯のスポーツドリンクを飲むようにしている。

毎朝、日課の散歩をしているが、朝の8時頃でもすでに30℃近い。

朝なのにまるで真夏の午後に散歩しているようだ。

散歩から帰ってきたときのスポーツドリンクの1杯がうまい!

ただ、スポーツドリンクには糖分が含まれているので、飲みすぎには注意している。

塩飴

「塩飴」は、起床時に水分補給とともに1個なめるようにしている。

寝ているときに汗をかくので、汗とともに塩分が体外に流出している。

なので、朝起きたら塩飴で塩分補給をしている。

ただ、スポーツドリンクと同様、糖分が含まれているので食べ過ぎには注意している。

今のところ、1日1~2個食べている。

柿の種

これは、単に好きだから間食やつまみで食べているだけ(笑)。

もちろん、「ピーナッツあり」の柿の種だ。

ピーナッツなしの柿の種なんて、ありえない。

※※

読者のみなさまも、熱中症には十分お気をつけくださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS