ブログの平均寿命は38日?

シェアする

スポンサーリンク
web

ふと、「ブログの平均寿命」が気になった。

ブログを開設してから永遠に更新されなくなるまでの期間だ。

ただ、「ブログの死亡」をどうやって判定するのかが難しい。

仮に1年間更新が止まってもまた再開するかもしれないし。

細かい話はおいといて、「ブログの寿命」の情報はないか、検索してみた。

すると、あった。

スポンサーリンク

ブログの平均寿命は38日

見つけたのは、

ブロガーの平均寿命(2004.12.4 dh memoranda)

という記事だ。

記事の更新日は2004年12月で少々古いが、ブログの寿命の定義を次のように定めている。

初めて ping したその時間から、最後に ping した時刻までの差

上記の定義で集計した結果によると、最低2回はpingしたことがあるブログの平均寿命は38.2日だったらしい。

「最低で2回はPingを送信したことがあるブログの“平均寿命”は38.2日、10回以上はPing送信しているブログは60.79日で、平均のエントリー間隔は3.63日」とコメントしたのち「ブログの“三日坊主率”は47%」と紹介、会場の笑いを誘った。

出典【Web and Internet Applications Day】ブログサービス開発者による今後のブログ展望(BB Watch)

「平均的」なブログを運営するには、開設して最初に「初めまして」という記事を投稿して38日後に「ご無沙汰してます」という2回目の投稿をして、その後は更新せずに放置、という流れになる。

ブログを長続きさせるには

当ブログは2013年9月に開設して、今は2018年7月だから生き残って5年近くになる。

「5歳」というのはブログとしては長い方かなと思う。

ブログを長く続けるこつは「背伸びしない」ことだ。

無理せず、自分が書けること、書きたいことを書く。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS