NYダウが1,100ドル以上暴落した日があったのか……すっかり忘れていた

シェアする

スポンサーリンク
chart

当ブログの過去記事を読み返していた。

書くことが思いつかないときは、「何かネタがないかな」と、よく過去記事を読み返す(笑)。

こんな記事が目についた。

米国株が1,100ドル超の大暴落で「お年玉」が消えた
日米の株価が暴落の連鎖。 2018年2月5日のニューヨーク・ダウが前日比▲1,175.21ドルの大暴落だった(終値は24,355.75...

2018年2月5日のニューヨーク・ダウが1,175.21ドルも暴落したことを書いた記事だった。

この記事を書いているのは2018年10月10日だ。

つい8ヵ月前にこんな大暴落が起こっていたなんて。

すっかり忘れていた。

スポンサーリンク

値が戻ると傷を忘れる

ちなみに、大暴落した日(2月5日)の終値は24,355.75ドルで、直近(10月9日)の終値は26,430.57ドルだった。

暴落した日から2,000ドル以上も上がっていた。

大暴落という「大けが」をしても、その後株価が上がっていけば傷が治って、「大けが」をしたこと自体わすれてしまうんだな。

「お年玉」って何?

ところで、記事のタイトル『米国株が1,100ドル超の大暴落で「お年玉」が消えた』の「お年玉」って何?

自分で書いたのにすっかり忘れている。

記事を読むと、「お年玉」というのは2018年の年明け早々の大発会(1月4日)に日経平均株価が741.39円も上がったことを指していた。

セミリタイア史上最大のお年玉
2018年は新春から株高ラッシュだった。 大発会(1月4日)の日経平均株価は23,506.33(前年末比+741.39)だった。

大暴落したことを忘れていたが、大暴騰したことも忘れていた。

※※

といった風に過去記事をネタに新たに記事を書いてみた。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS