セミリタイア7年目の収入源ポートフォリオ

シェアする

スポンサーリンク
piggy

昨年度(2018年)の収集源の割合をグラフにしてみた。

2018年はセミリタイア生活7年目だった。

収入源ポートフォリオ2018

昨年の2018年は「その他の収入が」大部分を占める「特異な年」となった。

各項目について説明する。

スポンサーリンク

ブログ

「ブログ」は主に当ブログ(soutai40.com)からの収入だ。

「Google Adsense」や「Amazonアソシエイト」などのアフィリエイト収入が柱となっている。

全収入に占める割合は30.6%だった。

印税

「印税」とはKinde本の売上から支払われるロイヤリティーのことだ。

「ロイヤリティー」と言うより「印税」と言った方がカッコいいかな(?)と思ったので印税としておいた。

2018年は本の出版をしていないので、「完全な不労所得」だ。

割合は2.4%だった。

投資

「投資」は、株・投資信託の配当金や、銀行預金・個人向け国債の利息だ。

割合は9.8%だった。

2018年は12月に株価が大暴落したものの配当金はけっこうもらえた。

預金や国債の利息は相変わらずほとんどなかった。

その他

「その他」は上記以外の雑収入だ。

2018年は「災害」「母親の死」で「その他の収入」が高額になった。

結果、「その他」の割合は57.3%となった。

主な中身は「火災・地震保険の自然災害共済金」と「死亡保険金」だ。

まとまった臨時収入ではあるが、「自然災害共済金」はこれから台風21号で受けた被害の修理で使うし、「死亡保険金」は母の葬儀や法要で全額使った。

なので貯蓄として残らない

まとめ

会社を辞めてもお金は入ってくる。

特に「絶対に必要なお金」は努力しなくても入ってくる(努力してお金の流入を止めない限り)。

だから、セミリタイア生活は成り立つ。

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた
(2017-04-22)
売り上げランキング: 9,352
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS