イオン銀行の「預金利息改悪」に疲れそうな2019年春

シェアする

スポンサーリンク
びっくり

またまた預金利息が下がるのか。

イオン銀行のサイトにログインしたらこんな通知があった。

「イオン銀行Myステージ」の特典ならびにイオン銀行スコアの一部変更について(2019.2.5 イオン銀行)

要約すると、「普通預金利息を改悪するぞ」。

2019年4月1日から、ステージ別の普通預金利息が下がる(ステージ「ゴールド」・「プラチナ」以外)。

次のように2017年、2018年に続き3年連続だ。

▼2017年

イオンカードセレクトの普通預金金利が0.12%→0.10%に改悪へ
イオン銀行の普通預金金利が下がる。 参照普通預金金利の変更について (イオン銀行) 2017年8月12日より、普通預金金利(税引...

▼2018年

イオン銀行の普通預金金利「0.10%」適用条件が厳しくなる2018年夏
2018年7月から、イオン銀行「イオンカードセレクト」の普通預金金利「0.10%」の適用条件が厳しくなる。 普通預金で「金利0.10%...
スポンサーリンク

普通預金利息が半減

ステージ別の普通預金利息(税込)の年利は次のように変わる(2019年4月1日から)。

  • プラチナ……0.12%→0.15%(+0.03%)
  • ゴールド……0.10%のまま
  • シルバー……0.10%→0.05%(▲0.05%)
  • ブロンズ……0.05%→0.03%(▲0.02%)

特にステージ「シルバー」の普通預金利息は「半減」する最大級の下げだ。

ちなみにわたしのステージはシルバーだ(2019年2月時点)。

あと30点でゴールドだけど

利息を年0.1%に維持する方法は、あるにはある。

スコアを上げてステージをゴールド以上にすればいい。

わたしのステージはシルバーでスコアは70点、あと30点追加すればゴールド(100点以上)となる。

外貨預金・投資信託・カードローンのような「リスク」を避けてスコアを追加するには「iDeCo掛金の口座振替(30点)」という方法がある。

iDeCo(確定拠出年金)の掛金引落口座をイオン銀行に変更すればスコアは100点になってステージが「ゴールド」になるから、普通預金の利息は0.10%を維持できる。

イタチごっこにならないか

が、ここで思った。

「イタチごっこ」にならないか。

スコアを上げてゴールドになっても、いずれはゴールドも「改悪」の対象になるのでは?

これからも「普通預金利息の改悪」→「スコア追加で年利0.1%維持」という「イタチごっこ」につきあわないといけないと思うと、疲れる

これからは、イオン銀行の普通預金の利息はアテにせず、「クレジットカードの引落口座に過ぎない銀行」と割り切るか。

預金利息を心配するより

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS