自分がない人は早期リタイアしないほうがいい

シェアする

スポンサーリンク
早期リタイアする?

先日、「Yahoo!知恵袋」で「40代で早期リタイアしたいけど大丈夫か?」という悩み事を読んでいた。

本人は40代独身の男性会社員(非正規)で、億単位の貯金を持っていて、親も不動産や貯金をたくさん持っているらしい。

年収は300万円だが、お金はあまり使わないのでけっこう貯金できるとのこと。

なので、生活費は年300万円未満だ。

単純計算すると、自分の貯金と親の遺産があれば年金に頼らなくても50年は大丈夫なので今すぐ退職しても大丈夫な気がする。

が、本人は心配しているようだ。

主な心配事は次の3つ。

スポンサーリンク

早期リタイアの三大心配

  • 貯金はなくならないか?
  • 家族が反対しないか?
  • 無職になって世間体が悪くならないか?

という早期リタイア希望者が必ず心配する「三大心配」だ。

実際、早期リタイアしてわかったことだが、これら3つの心配はする必要のない心配だ。

そんなに心配なら退職せずに働き続ければいい。

自分がないだけ?

上記の3つの心配をひっくり返せば「働く三大理由」になる。

働く三大理由

  • 働かないと貯金がなくなるから
  • 働かないと家族がうるさいから
  • 働かないと世間体が悪いから

これら3つの共通点は「働く理由を「他人」や「環境」のせいにしている」ということだ。

つまり「自分がない」。

「自分がない」というのは「お金がない」ことより始末が悪い。

仕事も早期リタイアもうまくいかない。

なぜか?

人生100年の無限ループ

自分がないから仕事をイヤイヤやるので辛くなる。

なので早期リタイアしたくなる。

でも「自分がない」から心配で早期リタイアするのが怖い。

だから、働き続けるしかない。

でも、仕事は辛いから早く辞めたい。

でも……という無限ループ

ループを断ち切る方法

ループを断ち切るには「自分の人生で何が一番大事なのか、優先度を明確」にすることだ。

わたしの場合は、「お金より自分時間の方が大事」だと強く感じたので40代で退職した。

早期リタイアをとめる

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS