早期退職制度の割増退職金に飛びついて退職するのはバカなのか

シェアする

スポンサーリンク
退職届

勢いで「早期退職金」もらうバカの末路(2018.11.12 プレジデントオンライン)

という記事を読んだ。

早期退職制度の「割増退職金」に目がくらんで早期リタイアしたらバカを見る、みたいな記事だった。

「バカを見る根拠」として、55歳に早期リタイアするケースが紹介されていた。

確かに、記事のケースだと「早期退職するのはバカ」という結論になる。

退職(55歳)から年金受給(65歳)までの10年間は「無収入」かつ「高支出」という前提だからだ。

スポンサーリンク

退職しても収入はある

わたしの早期退職経験から言えば、「退職してずっと無収入」というケースはかなりレアケースだ。

まず、退職したら雇用保険から手当がつくはずだ。

退職金や貯金からも利息収入がある(2019年3月現在では銀行に預けても利息は微々たるものだが)。

株や投資信託で資産運用していれば、配当や売買益も期待できる。

セミリタイアブログを書いていてると、収入があるかも(笑)。

退職後は支出は減る、絶対に

退職したら、支出は自然に減る。

理由は(雇われて)働かなくなるからだ。

雇われ仕事のストレスがなくなると、ストレス解消費がなくなる。

無理な節約をしなくても、支出は減る。

本当に「バカ」なら早期退職しない方がいい

早期退職してはいけないのは、次のようなひとだ。

  • 退職後は収入がゼロ(会社に依存しないとまったく稼げない)
  • 退職後も支出は現状維持したい(浪費を止められない)

こんなひと、本当にいるのかな?

万が一、当てはまるなら、早期退職はせずに定年後も会社勤めを続けた方がいいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS