ダルビッシュさんも37歳でセミリタイアしたいんだね

シェアする

スポンサーリンク
baseball

ダルビッシュ 37歳で「引退」独白(2019.3.28 スポニチ Sponichi Annex)

という記事を読んだ。

セミリタイアを実践しているわたしは、もちろん「37歳で引退」という文字に惹かれた(笑)。

記事の中には「セミリタイア思想」があふれていた。

まず、なぜ引退時期が37歳なのか。

それは、現在の契約が37歳で終了するからだ。

契約満了後は野球を続ける気がないと言う。

スポンサーリンク

人生は短いからセミリタイア

理由は「人生は短い」から。

「現在の契約満了後も野球を続けるか」ときかれて、記事によるとこう答えている。

やらないですよ、絶対。37歳で引退しても、あと40~50年くらいしか生きられないし、最後の10~20年は体も思うように動かない。人生そんなに時間はないから、ずっと野球をやってはいられない。

上記のダルビッシュさんの計算だと、37歳で引退しても自由に動ける期間は20~40年くらいだ。

だから、「人生はそんなに時間はない」のだ。

自由な時間を確保したいからさっさと仕事を辞める……まさにセミリタイア思想そのものじゃないか。

共感した。

ただ、37歳以降は野球をやらない可能性は95%だそうだから、5%は続投するかもしれない?

セミリタイアしても楽しみは続く

もし、本業からリタイアしたらヒマで死にそうになったり、他人から必要とされなくなったりして「承認欲求」を満たせなくなるのでは、という心配があると思う。

どうしても死ぬまでチヤホヤされ続けたいなら、職場に居続けるしかないのかもしれない。

普通のサラリーマンなら定年後も死ぬまで働き続けて「他人から必要とされてる♥」と実感し続けないと、会社依存症の禁断症状が出るのかもしれない。

ただ、個人的にはセミリタイア生活に入って7年以上過ぎたが、楽しませてもらっている。

40代で早期退職して5年間セミリタイアしてみた
(2016-12-22)
売り上げランキング: 27,056
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS