「Amazonプライム」年会費3,900円から4,900円への値上げを受け入れる方法

シェアする

スポンサーリンク
Amazonプライム値上げ2019

早ければ2019年4月12日から「Amazonプライム」の年会費が3,900円から4,900円に値上げとなる。

参照Amazonプライム、日本で初の値上げ 年会費4900円に(2019.4.12 ITmedia NEWS)

+1,000円、約1.26倍の値上げだ。

わたしの会員情報のページでも、次回更新時の年会費は4,900円となっていた。

Amazonプライム会員情報

スポンサーリンク

値上げはいつから?

会費が3,900円から4,900円に値上げされるのは2019年5月17日からとのこと(上記記事より)。

わたしの次回更新日は5月17日以降なのでバッチリ適用されている。

ただ、Amazonのヘルプによると、2019年4月12日以降に会費プランを変更(「月会費→年会費」など)すると、値上げ後の会費が適用されるようなので注意が必要だ。

参照Amazonプライムの会費について(Amazon.co.jp ヘルプ)

値上げを受け入れる2つの方法

日本のAmazonプライムユーザは今回の値上げをどう受け入れるべきか。

ちなみに、米国Amazonのプライム会費は年119ドル(1ドル=111円で換算して13,209円)なので、日本の4,900円に比べたらかなり高い。

米国Amazonの価格と比べて「なぐさめ」とするしかないか。

もしくは、「年1,000円の値上げなので、月換算で83円(≒ 1,000 ÷ 12)、日換算で2.7円(≒ 1,000 ÷ 365)のコスト増にすぎないから大したことない、アハハ」と前向き(?)に考えて受け入れるか……。

今のところ、わたしは値上げを理由とする解約は考えてはいない。

今のところは。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS